トップ / 医師への感謝の伝え方

医師への感謝の伝え方

医師へお礼がしたい時

医師へのお礼状の出し方

入院してお世話になった医師にお礼をしたいときどうすればいいのが気になると思います。お茶菓子など皆で分けられるものが無難で喜ばれますが、規則により一切受け取らないという病院もありますので、事前に確認しておきます。お礼状はぜひ出しましょう。お礼状を出す時期は特に決まっていませんので、退院後落ち着いた頃に出すと良いでしょう。自宅へ直接送ることはせず、宛先に病院名と診療科名と医師の名前を書き、事務局に届くようにします。快気した旨と感謝の気持ちを綴れば喜ばれることでしょう。

医師にお礼状を書きましょう

大きな病気をして病院にかかると、医師は患者の健康と命を守るために一生懸命治療にあたってくれます。そのおかげで再び健康を取り戻して回復します。とてもありがたいことです。それで病気が回復して無事退院できたなら、感謝の気持ちを表すために、お礼状を書きましょう。医師は病気を治すのが仕事だからわざわざ書かなくても良い。と思うかもしれませんが、しかしそれでも一生懸命治療にあたってくれました。自分の身体よりも患者の命を優先してくれました。その事に感謝を伝えるのはとても大切です。ぜひ、お礼状で感謝を述べましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の国家試験に受かるため. All rights reserved.