トップ / 医師の働き方を学ぼう

医師の働き方を学ぼう

医師の勤務形態とは

医師の労働時間について

医師の労働時間はどれくらいになるのでしょうか。実は労働時間は勤務する病院によって大きく異なるというのが現状です。病院の規模や同僚の数、診療科、技術や経験、年齢などによっても変わってきます。基本的な勤務時間は8時間であり、何もない場合には午前9時から夕方5時までの仕事で帰ることが出来る場合もあります。しかし遅いときには深夜をまわったり、帰宅することが出来ずに病院にとまることもあります。その理由としては患者の命が優先のため、症状が心配な患者がいる場合や急変した患者がいる場合には勤務時間に関係なく仕事をすることが必要になるからです。また休日も確実に取れるとは限りません。休日中も患者のことは気になっていますし、急患が出たときの事を考えると遠方への旅行などはしにくくなります。また、有給休暇はとることは出来ますが、非常にとりにくいということがいえます。その理由は休んだ時の仕事は他のスタッフがカバーすることになりますし、何よりも医師は患者の状態が気になるからです。

勤務内容によって異なる労働時間

医師の労働時間は勤務する病院によって異なります。労働時間がきちんと守られる職場を希望するのであれば、個人経営のクリニックなどを選択するのがいい方法です。クリニックの場合には入院設備がないことが多いため、残業や急患によって呼び出されることがありません。また、定休日が決まっているためその日には確実に休むことが可能になります。クリニックの中でも健康診断に特化したところや急患が出にくい診療科などを選べばさらに時間通りの勤務が可能になります。大きな病院の医師として勤務する場合には基本的に忙しくなります。そのため、残業や休日出勤は当たり前のようにとらえておいたほうがいいでしょう。病院では患者の治療が最優先となるため、勤務時間外でも治療が必要な患者がいる場合には働かなくてはなりません。特に年齢が若いうちは当直をまかされたり、提携している病院の診察を行うことが必要になったりと非常に忙しいです。休日には研修会や関係者との付き合いなどが開かれることもあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の国家試験に受かるため. All rights reserved.