トップ / エリートと呼ばれる医師

エリートと呼ばれる医師

医師のポジション

医師のエリートを目指すこと

エリートの医師というと、社会的にも高く認知されたポジションというイメージがあります。しかし、職業柄、人の命と直結する職業であり、かつ、その中でも、社会的な地位に応じて、責任についても、より高度なものが求められるハードなポジションでもあるのです。もちろん、一方的に責任が重いというだけではなく、それを自主的に遂行することで、社会的な評価や経済的な見返りが期待できるやりがいのあるポジションです。医師は毎日気の置けない日々となりますが、それを考慮しても余りあるほどの充実した職業生活を送ることができるのです。

医師と言えばエリートか

医師と聞いて想像するのが、お金持ち、頭がいい、お酒をよく飲むといったことだと思います。難しい大学医学部を卒業し、国家試験をパスして、2年間の臨床研修を積んで、毎日勉強しており、人の命を守るといった使命を受け継いでいます。それに似合った給料をもらいますし、かっこよくも見えます。医師はエリートと思われても当然かもしれません。エリートして忘れてならないのが、人間性です。人間性も大切にして、患者の病や心を診てくれると最高にいいかもしれません。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の国家試験に受かるため. All rights reserved.