トップ / 医師がうつ病を患った時

医師がうつ病を患った時

医師のうつ病治療

医師がうつ病から回復するため

近年、働き盛りのサラリーマンのメンタルヘルスの問題が取り上げられるようになりました。その一方、医師がうつ病を患うということもあります。人の命を預かるという重責のもと、しかも夜勤を含む長時間勤務をこなすなかで心身が悲鳴を上げる場合も当然あるからです。このような場合の回復するポイントはどのようなことでしょうか。それは医師であることを理由に治療を遅らせないということです。うつ病の治療の基本は休息と薬です。医局との関係で仕事を離れられない人もいると思いますが、ここは職業に関係なく、休息をとることが重要です。

医師がうつ病になることもある

医師の仕事に携わる人たちが、自分の健康に手を抜いているということがあります。それでなくても精神的、肉体的に労を要する職業であることから自分の体のことまで手が届かないといった具合です。そのことから、精神的に追い詰められるということもよくあります。それが限界まで達した時、医師であるその人がうつ病を発症するというケースも実在します。休みたくても自分を慕ってくる患者さんがたくさんいますから、自分のことは後回しということが多いのです。ですが事が深刻化する前の、事前の対策を自分自身で行っていく必要があります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の国家試験に受かるため. All rights reserved.