トップ / 医師が持つ医学博士とは

医師が持つ医学博士とは

医師と医学博士の関係

医師と医学博士の違い

医師の方の中には、医学博士を名乗っている方がいらっしゃいます。この二つは何が違うのでしょうか。まず、お医者さんが必ず博士号を持っているという訳ではありません。医学部を卒業すると得られる学位は学士になります。また博士号を持っていなくても免許を持っていれば医者として活動が可能です。だからと言って、医学博士の方が必ずしも医師という訳でもありません。医学の博士号は、医療系の大学院で研究を行い論文審査に合格すれば取得出来るので、医学部出身でなくても取得が可能です。

医師と医学博士について

大学で医学を学んだ人の進路としては大学病院などで医師になる道と大学に残って医学について研究する医学博士になる道とがあります。どちらも医学によって社会に貢献するという意味では同じだといえますが、直接患者にあって病気を治療する、医学博士は治療できない病気のメカニズムを解明することで社会に貢献するという意味で若干違いがあります。医師も医学博士も社会に貢献するという意味ではやりがいがありますし、人から尊敬されるという点では魅力のある仕事だといえます。給与や手当、待遇の面でも一般的な職業よりも優遇されています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の国家試験に受かるため. All rights reserved.